ガーデン通信

トップ > ガーデン通信 > 晴耕雨読
カテゴリー
最近の記事
アーカイブ

晴耕雨読
2007年05月06日

5月5日より会員のみなさまには、
順次オリエンテーションにご参加いただいております。

本日は雨の中にもかかわらず、
多くの方が肥料の混ぜ込み作業をされました。
みなさまには6㎡の広さも体感いただいたようです。
風邪をひかれませんようご注意ください。

2007050601%E3%80%80%E3%82%AA%E3%83%AA%E3%82%A8%E3%83%B3%E3%83%86%E3%83%BC%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%B3.jpg

野菜は晴れの日だけでなく雨の日もなければ、
収穫を迎えることはありません。つまり、
自然の摂理に従って天気のバランスがよいこと。
これが、野菜が立派に育つことに欠かせないこと
なのです。

晴れの日に、「今日は良い天気ですね。」と
みなさん口にされる事が多いと思いますが、
私は、野菜の栽培をはじめたときから、
雨の日にも、「今日は良い天気だな。」と感じるように
なりました。すなはち、恵みの雨だなと。

あと1ヶ月もすると梅雨入りです。
晴れの日には太陽の下で野菜を育み、
雨の日には野菜に染み入る水を想像しつつ、
クラブハウスでお寛ぎいただければと思います。

『晴耕雨読』。良い言葉です。

きっと、みなさまの雨の日がこれまでとは異なるはずです。

Miyagi